一里塚幼稚園50周年記念

一里塚幼稚園は、おかげさまで50周年

一里塚幼稚園は、乙訓地域の皆様や保護者の方、職員の方に支えられておかげさまで50周年を迎えることができました。「子どもらしい子ども」を育てることが当園の方針、街の真ん中でありながら環境豊かな遊び場で子どもたちには、ダイナミックで幼児期にしかできない経験や遊びに取り組み、「毎日が楽しい」と帰っていくことを願いながら職員は保育を行なってきました。一里塚幼稚園には、5,000名以上の卒園児がいらっしゃることも喜ばしいことです。 今後も子どもたちが生きる今後の80年間を見据え、常に保育の改善を図っていきたいと思います。

職員一同

一里塚幼稚園の歴史

一里塚幼稚園の職員

昭和43年2月16日 幼稚園設置認可(創立日)
昭和43年4月 初代園長 丸岡キヨ 5才児 1学級 4才児 2学級 3才児一部受け入れで保育開始
昭和53年4月 二代目園長 常田みさ子就任 創立10周年事業として自然園を新設
昭和54年 新園舎完成(現職員室、ばら・かえで・さつきの保育室)
昭和57年 隔日登園の3才の部屋”もも”組の追加
昭和59年4月 園児数増加のため、年度により4才児すみれ、5才児さつき組を追加する
昭和63年4月 三代目園長 大久保敏夫就任
平成3年 創立25周年事業として第一期園舎増改築(現きく・ふじ・さくら・ゆりの保育室)
平成4年4月 3才児うめ、もも組を常設とする 創立25周年事業として第二期園舎増改築(現遊戯室・うめ・ももの保育室)
平成11年 保育室の冷暖房空調設置
平成18年 園南側土地を新たに取得(現、南畑、築山周辺)預かり保育を始める
平成19年 保育室を増築(現、たけ組)3才児たけ組を新たに加える(3年保育、各学年3組となる)
平成25年4月 四代目園長 大久保清子就任
平成30年2月 創立50周年を迎える